2010年05月11日

米大統領との会談内容説明=首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は7日、鹿児島県徳之島の3町長との会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する先月のオバマ米大統領との会談で「日米同盟に資するためにも、沖縄の過重な負担を全国で分かち合うことが大事だ。大統領としても協力願いたい」と要請したことを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

将棋 羽生、3連覇に王手…名人戦・第3局(毎日新聞)
【静かな有事】第4部 少子化を止めろ(4)不安定雇用「結婚なんて」(産経新聞)
格差是正へ雇用基本法=参院選公約に盛り込み検討−民主党(時事通信)
百万円不正請求で訪問介護事業所指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)
普天間未決着でも首相続投支持=小沢氏は「政治状況見て進退判断を」−仙谷氏(時事通信)
posted by ウシオダ カズマサ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。