2010年02月16日

「日米関係に支障出ないように」=トヨタ問題で米大使に要請−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は10日夕、同省内でトヨタ自動車のリコール(回収・無償修理)問題に関しルース駐日米大使と会談した。前原国交相はこの中で「トヨタが責任を果たす中で、日米関係に支障が出ないように互いに管理すべきだ」と述べた。米国で同社への批判が強まっているため、冷静な対応が必要との考えを示したとみられる。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ社長、リコールで陳謝
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏「これ以上の説明はない」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

九州南部で春一番=昨年より2日早く−鹿児島地方気象台(時事通信)
中東和平実現に努力=岡田外相、パレスチナ議長と会談(時事通信)
九州南部大雨、関東甲信は大雪=低気圧通過で警戒を−気象庁(時事通信)
山口組総本部を捜索=住吉会系幹部射殺で埼玉県警(時事通信)
午後にリコール届け出へ=プリウス不具合問題−トヨタ(時事通信)
posted by ウシオダ カズマサ at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。